ホーム プロフィール サービス リビルドレポート ブログ レースリザルト リクルート
リビルドレポート

2010年10月21日(木)
EJ20G リビルド その2

クランクメタル:傷が入っている

コンロッドメタル:かなり磨耗している

コンロッドキャップはナットで締め付けるタイプ

ポート段差研磨前

ポート段差研磨後

コンロッドメタルは、銅が見えるほど磨耗していたので全部交換です。

クランクメタルも傷やゴミで状態が良くないので交換することにしました。

 注文するメタルを決めるためにメタルクリアランスを確認します。マニアルではプラスチゲージを使用していますが、弊社ではシリンダーボアゲージを使用します。
 メタルにはエンジンオイルを薄く塗布します。メタル表面の保護とシリンダーボアゲージの測定子の磨耗防止が目的です。

 コンロッドメタルクリアランスは、限度値以内だったので、使用していたメタルと同じ厚さの「標準サイズ」を注文しました。
 クランクメタルクリアランスは、限度値を超えていたので、「アンダサイズ」のメタル( = 厚いメタル)を使用してクリアランスが限度値以内になるようにします。

 コンロッドボルトは、コンロッド大端側に圧入してあり、コンロッドキャップはナットで組み付けるタイプです。コンロッドナットの締付は、ボルトの伸びで管理しました。
 伸びで管理する理由は、ナットを締め付けた時、安定した軸力を得るためです。(トルク管理の場合は、締付時のナットの回転角度がねじ山とナット座面のすべり具合の影響を受けます。同じトルクでもすべりの良いナットといまいちすべらないナットでナットの回転角度にバラツキが出るのでボルトの軸力が不安定になってしまいます)。

 ボルトの伸び量はマニアルには記載されていないので、ナットを規定トルクで締め付けた時の伸び量を測定して、0.130±0.005个砲靴泙靴拭伸びの測定はマイクロメーターを使用します。


 シリンダーブロックは、ボーリングして再使用することになりました。作業は専門の加工屋さんに依頼します。ブロックは、結合ボルトを規定トルクで締め付けた後、クランクジャーナル内径とシリンダー内径を測定後、ボーリング作業のために加工屋さんに持っていきます。ボーリングは、ダミーヘッドを取り付けて行います。

 オーバーサイズピストンは、+0.25个函0.50个2種類が設定されています。今回は、溶着したアルミの除去と、シリンダー内径がピストンのスカート方向にかなり広がっていたので、加工屋さんと相談して+0.50个砲靴泙靴拭

 ブロックが加工に行っている間にヘッドの作業を進めます。12万卅行しているのでバルブガイドの状態が気になっていましたが、思ったより状態が良く、再使用可能でした。 バルブなど動弁系の部品は点検で問題なかったので全て再使用しました(ラッシュアジャスターを除く)。

 吸排気ポートは、シートリング付近の段差を研磨して、バルブすり合わせ後組み立てます。